• 1 テロルの決算
    日比谷公会堂の演壇に立った社会党委員長の浅沼稲次郎を右翼の少年山口二矢が両手で握った短刀で刺した暗殺事件を描く。 61歳の野党政治家と17歳のテロリストのそれぞれの生い立ちから事件の一瞬までを生々しく描き出す。 自分がその事件現場にいてるように感じさせるほどの一瞬一瞬の描写に息を飲む。 テロは反社会的・暴力的な手段であり何の解決も生まないと僕自身は思っています。しかし山口二矢少年の国を思う熱い気持ちには心揺さぶられるものを感じずにはいれませんでした。 現在の堕落しきった政治に批判するひとはいてもここまで熱く行動に移せるひとはいないような気がします。 そしてその少年以上に庶民のための政治に全力を傾けていた浅沼稲次郎が刺されたのが何ともやるせない気持ちになります。
  • 2 藤子・F・不二雄「異色短編集」1  ミノタウロスの皿
    ドラえもんやパーマンで知られる藤子・F・不二雄の一話完結で語られるSF短編集。 藤子・F・不二雄は子供作品だけ、という固定概念をくつがえしてくれた作品です。30年近く前に掲載された短編集ですが、発想が面白く、むしろ「新しさ」を感じました。そう、これは奇想天外さ、そして恐ろしさとリアリティに満ちている大人向けに作られた傑作です。 ドラえもんと同じ画筆で描かれる、宇宙の深遠へのあてのない旅・タイムマシンの功罪・ドロドロとした家族愛・生や性への執着・突拍子も無い発明品の数々・現代の状況を先取りしたかのような近未来社会の問題・そして人類滅亡と再生。 ほのぼのタッチでえぐい内容。ブラックでシュール…。短編だけどかなりひきこまれるものがたくさんあります。 表題作「ミノタウロスの皿」と「劇画・オバQ」はおすすめです。 とくに劇画・オバQは切なすぎ…。
  • 3 アイデアは考えるな
    ピカソは生涯2万点以上の絵を書きました。 バッハは少なくとも週に1回は作曲してました。 エジソンの死後、アイデアメモがぎっしり書かれた3500冊あまりのノートが発見されました。 アイデアは「質」より「量」 アイデアをたくさん出せるようになると、人生において選択肢が増える。選択肢が増えれば、行き詰らずに済む。打つ手が残されていると分かれば人はポジティブになれる。 前向きに生きるために必要なのは、性格を変えることではなく、アイデアをたくさん思いつけるようになるノウハウ! 100個アイデアを出して、そのうち実現しそうなのが1案しかなくてもかまわない。その無駄に思える99案を出す過程が、自分をポジティブにしてくれます。 ビジネスだけでなく生きる上でも力になってくれるカヤック社長の著書。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by かちお on --.--

透明標本

Category : 科学・技術
[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~
(2009/10/15)
冨田 伊織
(¥ 1,575)
商品詳細を見る

魚類や甲殻類などの生物の体を透かし作った『透明標本』。
透明骨格標本は、分類学や比較解剖学、発生学の研究技法のひとつ。

骨格を観察するためには、古くから物理的に骨格以外の軟組織を除去して
作製した骨格標本が用いられてきました。しかし、小型の魚類や発生途上の胚では骨格標本の作製は困難です。

骨格間の立体的配置、骨化の進んでいない軟骨組織、微細な骨格要素を損なうことが避けられないからです。
微細な骨格の観察には軟X線による写真撮影も使用されるが、立体構造の観察に難があるし、軟骨の観察も困難。

透明骨格標本はこれらの難点を克服し、小型脊椎動物や脊椎動物の胚の骨格要素を観察するために
編み出された第3の技法であり、「たんぱく質を酵素により透明にし、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をする」
という骨格研究の手法として確立された形態で、鉱物のように幻想的な美しさを持つものです。


標本は完成までに、小さい作品だと約3カ月~、大きい作品では約1~2年半もかかるほか、
製作途中で形が崩れたり、染色を失敗したりする場合もあるといいます。


朝日新聞、サンケイエクスプレス、Newtonなど各メディアで話題沸騰の『透明標本』。
骨が染められ筋肉が透明になった魚類や甲殻類などの標本たちが、清涼感、浮遊感とともにアナタに迫る写真集。

未体験の驚きと感動、新たな芸術。噂の透明標本写真集。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
スポンサーサイト
Posted by かちお on 16.2010   4 comments   0 trackback

ロウソクの科学

Category : 科学・技術
ロウソクの科学 (角川文庫)ロウソクの科学 (角川文庫)
(1962/10)
ファラデー
(¥380)
商品詳細を見る

ファラデーと言えば、ベンゼンの発見、電磁誘導の発見、
電解物質におけるファラデーの法則の発見など輝かしい業績を残したことで有名です。

本書は貧しい鍛冶屋の子供に生まれたが、苦労して大科学者になったマイケル・ファラデーの講演記録です。

講演で、たった一本のロウソクをめぐりながら、ファラデーはその種類、製法、燃焼、
生成物質を語ることによって、自然との深い交わりを伝えようとしています。

ファラデーは自然科学の勉強の入り口として、一本のロウソクの物質的現象を考えることほど
打ってつけのものはない。そして、炎のいろんな部分で何が起こっているか、
どうしてそれが起こるか、その現象の中で何がおこなわれているか、
ロウソクの全体はどうなってしまうかなどを突きとめることの重要性を語っています。

実験や観察から学びとる姿勢が科学の基本だと感じる一冊です。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
Posted by かちお on 23.2010   0 comments   0 trackback

プラネタリウムを作りました。 7畳間で生まれた410万の星、そしてその後

Category : 科学・技術
プラネタリウムを作りました。 7畳間で生まれた410万の星、そしてその後プラネタリウムを作りました。 7畳間で生まれた410万の星、そしてその後
(2010/07/30)
大平貴之
(¥1,680)
商品詳細を見る

著者は小学校3年生の時に、近所のプラネタリウムの星空に感動し、
こんなものを自分の部屋に作ってみたいと思いました。

最初に夜光塗料の星空に始まり、ボール紙の卓上プラネタリウム、
高校時代のピンホール式、リスフィルム式、
そして大学で4年をかけて開発した、レンズ式プラネタリウムの「アストロライナー」、
そして好評を博したメガスター。すべて小学生のころから住み続けた7畳の部屋から生まれました。

本書は、時に問題にぶつかりながらも、より美しい星空を求めて
ひたすらプラネタリウム作りに取り組んできた記録であります。

プラネタリウム製作は、ほとんどたったひとりの孤独な作業。
それでも夢中にプラネタリウム作りを続ける少年のままな著者の姿は
夢を追いかける人のキラキラした輝きを見せつけてくれます。

老後、不況、人間関係、そんな細かい悩みはどうでもいいんです。
人間やりたいことを素直にやってれば。どうせ短い人生です。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
Posted by かちお on 30.2010   0 comments   0 trackback

地球最後の日のための種子

Category : 科学・技術
地球最後の日のための種子地球最後の日のための種子
(2010/08/26)
スーザン・ドウォーキン

商品詳細を見る


北極圏の凍土の地下に巨大な種子貯蔵庫があります。
それは作物の遺伝子を守り、その多様性を伝えるための施設です。
人類が壊滅的な災厄に襲われた後も、生き残った人々が農業を続けられるように作られました。

この「地球最後の日のための貯蔵庫」建設を構想した科学者、
ベント・スコウマンの生涯を追う科学ノンフィクションです。

世界ではより多い収穫、より病害に強い品種を求めて、
作物の品種改良の努力が絶え間なく続けられています。
しかし、その結果ひとたび優良品種が登場すれば、みんなこぞってそれを栽培したがり、
畑はその品種一色に染まるようになります。
そして、その品種が抵抗性を持たない病原体が出現したとき壊滅的な被害がもたらされます。

そうした時に、過去の品種、あるいは原生種とそこから派生したいくつもの種をあたり、
特定の病原体に強い品種を探す、そのための「コレクション」が必要であるというのが、
「ジーンバンク(遺伝子銀行)」もしくは「シードバンク(種子銀行)」のコンセプトです。
そこには世界中で収集された、ありとあらゆる種子が貯蔵され、保全されています。

ベント・スコウマンはしきりにこう言っていました。
「種子が消えれば、食べ物が消える。そして君も。」

しかし、問題はそう単純ではなく、未利用の遺伝子の潜在価値は高く、
ゆえに、先進国の種子企業は穀物の遺伝子で特許を取り、
発展途上国は自国の原生種の採取などを厳しく規制する……

遺伝資源を巡って対立を引き起こしています。

本書は生物多様性の大切さを知る重要な一冊だと思います。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
Posted by かちお on 06.2010   0 comments   0 trackback

群れのルール 群衆の叡智を賢く活用する方法

Category : 科学・技術
群れのルール 群衆の叡智を賢く活用する方法群れのルール 群衆の叡智を賢く活用する方法
(2010/07/16)
ピーター・ミラー

商品詳細を見る


本書では、アリ、ミツバチ、シロアリ、鳥、そしてバッタなど
集団で行動する生物の特性を解説するだけじゃなく、
人間が個々の虫を真似しても、社会全体として成り立つ応用例も挙げ、
僕らが「群衆の叡智」を使うためのヒントを与えてくれています。

キーワードは自己組織化、情報の多様性、間接的協業、適応的模倣などであり、
経営学の知識があればすぐにでも応用可能です。

人が彼らの真似をすることは可能で、そして真似することにより
個々の人々がいくら知恵を出してもできなかったことを、簡単に、
しかも機械にやらせることが可能であることを示しています。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
Posted by かちお on 05.2010   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

かちお

Author:かちお
ネット関係の小さな会社の社長やってます。温泉とお寿司のために働いてます。
上場会社の大株主として四季報に掲載されることを目指して株式投資に。(2010年春号で達成!)もと引きこもりでも上場会社の大株主になれるんだねっ

どちらかと言うと小説よりもノンフィクションが好き。ブクログ談話室で色んな人と本の話するのが最近楽しい。薦めてもらった本はすぐ買いに行っちゃいます!
ブクログ本棚のフォロー大歓迎です!!
ブクログ

広告

かちおの本棚byブクログ

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。