• 1 テロルの決算
    日比谷公会堂の演壇に立った社会党委員長の浅沼稲次郎を右翼の少年山口二矢が両手で握った短刀で刺した暗殺事件を描く。 61歳の野党政治家と17歳のテロリストのそれぞれの生い立ちから事件の一瞬までを生々しく描き出す。 自分がその事件現場にいてるように感じさせるほどの一瞬一瞬の描写に息を飲む。 テロは反社会的・暴力的な手段であり何の解決も生まないと僕自身は思っています。しかし山口二矢少年の国を思う熱い気持ちには心揺さぶられるものを感じずにはいれませんでした。 現在の堕落しきった政治に批判するひとはいてもここまで熱く行動に移せるひとはいないような気がします。 そしてその少年以上に庶民のための政治に全力を傾けていた浅沼稲次郎が刺されたのが何ともやるせない気持ちになります。
  • 2 藤子・F・不二雄「異色短編集」1  ミノタウロスの皿
    ドラえもんやパーマンで知られる藤子・F・不二雄の一話完結で語られるSF短編集。 藤子・F・不二雄は子供作品だけ、という固定概念をくつがえしてくれた作品です。30年近く前に掲載された短編集ですが、発想が面白く、むしろ「新しさ」を感じました。そう、これは奇想天外さ、そして恐ろしさとリアリティに満ちている大人向けに作られた傑作です。 ドラえもんと同じ画筆で描かれる、宇宙の深遠へのあてのない旅・タイムマシンの功罪・ドロドロとした家族愛・生や性への執着・突拍子も無い発明品の数々・現代の状況を先取りしたかのような近未来社会の問題・そして人類滅亡と再生。 ほのぼのタッチでえぐい内容。ブラックでシュール…。短編だけどかなりひきこまれるものがたくさんあります。 表題作「ミノタウロスの皿」と「劇画・オバQ」はおすすめです。 とくに劇画・オバQは切なすぎ…。
  • 3 アイデアは考えるな
    ピカソは生涯2万点以上の絵を書きました。 バッハは少なくとも週に1回は作曲してました。 エジソンの死後、アイデアメモがぎっしり書かれた3500冊あまりのノートが発見されました。 アイデアは「質」より「量」 アイデアをたくさん出せるようになると、人生において選択肢が増える。選択肢が増えれば、行き詰らずに済む。打つ手が残されていると分かれば人はポジティブになれる。 前向きに生きるために必要なのは、性格を変えることではなく、アイデアをたくさん思いつけるようになるノウハウ! 100個アイデアを出して、そのうち実現しそうなのが1案しかなくてもかまわない。その無駄に思える99案を出す過程が、自分をポジティブにしてくれます。 ビジネスだけでなく生きる上でも力になってくれるカヤック社長の著書。

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by かちお on --.--

日本人なら知っておきたい「皇室」128のなぜ?

Category : 社会・教養
日本人なら知っておきたい「皇室」128のなぜ? (PHP文庫)日本人なら知っておきたい「皇室」128のなぜ? (PHP文庫)
(2010/07/01)
松崎 敏彌
(¥680)
商品詳細を見る

日本の伝統と文化の象徴である皇室。
時代の流れ、社会の動きに伴って少しずつ開かれ、マスコミ報道もされていますが、まだまだ我々一般人には知らないことも多いのが実情です。

本書では、「天皇と伊勢神宮の深い関係とは?」「皇族の女性も料理をされるのだろうか?」「プライベート・タイムの警護はどうなされているか」「天皇家の生活費はどのように支払われるのか」など、128の疑問を分かりやすく解説されています。

皇室が身近に感じられる入門書。

FC2 Blog Ranking
かちおの本棚
スポンサーサイト
Posted by かちお on 02.2010   0 comments   0 trackback

モーセと一神教

Category : 社会・教養
モーセと一神教 (ちくま学芸文庫)モーセと一神教 (ちくま学芸文庫)
(2003/09)
ジークムント フロイト

商品詳細を見る


ユダヤ民族の解放者にして立法者であり、宗教創始者でもあったモーセ。
フロイトはそのモーセがユダヤ人ではなくエジプト人であったという仮説を立てます。

フロイトは、エジプトに一神教をもたらした古代エジプトのファラオ、
イクナトンの業績に着目し、ユダヤ人のエジプト脱出はイクナトンの宗教改革が
失敗に終わった結果、行われたものだと考えます。
しかし、もしそうだすれば、モーセがセム人の神に対する信仰をユダヤ人に
もたらしたという歴史家たちの研究と矛盾してしまいます。
その矛盾を説明するためにフロイトは、モーセが実際には二人いたという大胆ですが単純な仮説を立てました。

一人目のモーセは、エジプトの神アトンに対する信仰を人々に教えたが、
ユダヤ人たちに殺されてしまった。そのことを後悔したユダヤ人は、ヤーウェを崇拝する
ミディアンの祭司エトロを「二人目のモーセ」に担ぎあげたのだと。

ドイツの聖書学者ゼリンの主張の焼き直しであるこのモーセ殺害説を、フロイトは
ユダヤ教とキリスト教を特徴づけている「あやまち」や「罪」の観念と結び付けて展開しました。

宗教的な現象は、実は個人の神経症状に由来している。
神経症状に似た結果こそ宗教という現象に他ならないとフロイトは考えます。

精神分析が本来、病める精神の来歴の分析から、個々の人間生活史の解釈から
出発した学問であることを思うならば、フロイトがすべての事態について
歴史性を問うのは必然的なのかもしれません。

過去と現在を心的因果性で結びつけて自論を展開するフロイトは、
ユダヤ人はモーセの「作為・制作」の所産に他ならないと考えているふしがあります。
ユダヤの歴史は精神史であり、その歴史の根底にあって、歴史を開始させたのはモーセであると。


本書は冒頭から大胆な仮説によりいきなり引き込まれていきますが、
歴史的事実に照らした説得力のある論証を見ていくと瞬く間に「常識とは何か」考えさせられます。

大胆な仮説と論理の展開は、知らず知らずのうちに常識に縛られている方にはぜひとも読んで頂きたいです。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
Posted by かちお on 09.2010   0 comments   0 trackback

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

Category : 社会・教養
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデル

商品詳細を見る


本書はハーバード大学の政治哲学の講義から生まれました。
正義と不正義、平等と不平等、個人の権利と公共の利益が対立する場面で、
あなたはどう進めば良いのか、本書はその問いに答えようとするものです。

「正義」に関する自分自身の考え方を再確認するのに一読してみるのも良いのではないでしょうか?
自分が何を考え、またなぜそう考えるのか。

兎にも角にも哲学のお話ですから、言葉が面倒臭くなりがちです。
マイケル・ジョーダンの収入など読者の興味を引きそうなたとえを出して説明してくれるので
ずいぶん読みやすくなってはいますが、それがなければ完全にギブアップするところでした。

この本の人気の理由も、たとえの事例が議論に入りやすいものを選んでいるところにあるのかもしれません。
アリストテレスやらカントやらでてきますが、事例があると分かりやすいものです。

さて「正義」の話ですが、個人的な見解で言えば、
「自己の生命を脅かされる」ことに対するときのみ「正義」を語るべきであり
それ以外は、いくら御託を並べても所詮はエゴだと考えております。
そもそも軽々しく「正義」を口にするから自己の正当性の名のもとに愚かな戦争をするのです。

 人気ブログランキングへ
かちおの本棚
Posted by かちお on 12.2010   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

かちお

Author:かちお
ネット関係の小さな会社の社長やってます。温泉とお寿司のために働いてます。
上場会社の大株主として四季報に掲載されることを目指して株式投資に。(2010年春号で達成!)もと引きこもりでも上場会社の大株主になれるんだねっ

どちらかと言うと小説よりもノンフィクションが好き。ブクログ談話室で色んな人と本の話するのが最近楽しい。薦めてもらった本はすぐ買いに行っちゃいます!
ブクログ本棚のフォロー大歓迎です!!
ブクログ

広告

かちおの本棚byブクログ

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。